ENGLISH

博士の日記

2017.12.04

12月4日、自動車リサイクルの取組についての新聞広告(第2弾)を全国紙及び地方紙に展開しました。

第2弾は、”あらためて考える自動車リサイクル”の観点で、リサイクル料金の使われ方を主としながらクルマのリサイクルの流れやリサイクル実効率が約99%などについて情報提供を行いました。次の第3弾は翌年1月中旬頃に展開する予定です。

2017.11.20

11月20日、自動車リサイクルの取組についての新聞広告(第1弾)を全国紙及び地方紙に展開しました。

第1弾は、”数字で考える自動車リサイクル”の観点で、使用済自動車のリサイクル実効率が約99%を主としながらリサイクル料金の使われ方やリサイクル部品を使用するメリットなどについて情報提供を行いました。次の第2弾は12月初旬、第3弾は翌年1月中旬頃に展開する予定です。

2017.11.06

11月5日、島根県松江市で開催された「2017松江市環境フェスティバル」に出展しました。

”リサイクル料金の使途”や”リサイクル実効率99%”などの自動車リサイクルの取組について情報発信を行いました。

また、イベントに登場した多くの”ゆるキャラ”と共に、来場者の方々と交流してきました。

2017.11.02

11月2日、マレーシア視察団(行政機関)が、JARCに来訪されました。

来訪の目的は、日本の自動車リサイクルシステムの取組・実績についてのヒアリングでした。

JARCは、(一社)日本自動車工業会、豊通リサイクル(株)、(一社)自動車再資源化協力機構と共にマレーシア視察団の質疑に応えました。
マレーシアにおける循環型社会の構築の参考にしていただきました。

2017.10.30

10月30日、小学生記者による自動車リサイクル工場を取材した様子が朝日小学生新聞に掲載されました。(第2回目)

自動車リサイクルをテーマに、環境保全と、資源を無駄にしない循環型社会について考える3回シリーズの2回目として、鉄やアルミなどの資源の回収とシュレッダーダストのリサイクル処理を学ぶため、小学生記者による自動車リサイクル工場を取材した様子が掲載されました。

2017.10.16

10月11日から13日の3日間、福岡県北九州市で開催された「エコテクノ2017」に出展しました。

”リサイクル料金の使途”や”リサイクル実効率99%”などの自動車リサイクルの取組について情報発信を行いました。

多くの来場者の方々と交流してきました。

2017.10.10

10月7日から8日の2日間、秋田市で開催された「第17回あきたエコ&リサイクルフェスティバル」に出展しました。

”リサイクル料金の使途”や”リサイクル実効率99%”などの自動車リサイクルの取組について情報発信を行いました。

多くの来場者の方々と交流してきました。

2017.09.25

9月24日、小学生記者による自動車リサイクル工場を取材した様子が朝日小学生新聞に掲載されました。(第1回目)

自動車リサイクルをテーマに、環境保全と、資源を無駄にしない循環型社会について考える3回シリーズの1回目として、使用済自動車の解体と使える部品の回収を学ぶため、小学生記者による自動車リサイクル工場を取材した様子が掲載されました。

2017.09.21

9月20日、台湾視察団(行政機関)が、JARCに来訪されました。

来訪の目的は、日本の自動車リサイクルシステムの取組・実績についてのヒアリングでした。

JARCは、(一社)日本自動車工業会、豊通リサイクル(株)、(一社)自動車再資源化協力機構と共に台湾視察団の質疑に応えました。
台湾における循環型社会の構築の参考にしていただきました。

2017.09.19

9月16日、愛知県名古屋市で開催された「環境デーなごや2017 中央行事」に出展しました。

”リサイクル料金の使途”や”リサイクル実効率99%”などの自動車リサイクルの取組について情報発信を行いました。

あいにくの雨でしたが、来場者の方々と交流してきました。

2017.09.05

9月2日、自動車リサイクルの最前線を小学生の視点で学んでいただくため、(株)マテック様(北海道石狩市)の協力を得て、自動車リサイクル工場の見学会を開きました。

この見学の結果は、朝日小学生新聞に掲載される予定です。

2017.08.06

8月4日から6日の3日間、北海道札幌市で開催された「環境広場さっぽろ2017」に出展しました。

”リサイクル料金の使途”や”リサイクル実効率99%”などの自動車リサイクルの取組について情報発信を行いました。

また、札幌市水道河川局が主催する”ゆるキャラ打ち水大作戦”に参加し、来場者の方々と交流してきました。

2017.07.27

7月25日から27日の3日間、愛媛県と松山市の要請を受け、自動車リサイクルシステム利用の講師として、「自動車リサイクル法の更新手続き等に関する講習会」に参加しました。

3日間で総勢183の参加事業者に対して、自動車リサイクルシステムの利用について説明し、質疑に応えました。

2017.06.29

6月29日、自動車リサイクルの取組が、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。

JARC専務理事・宮林克行が取材を受け、”使用済自動車のリサイクル実行率が車両重量ベースで99%達成”などの自動車リサイクルの取組情報が、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。

2017.06.12

6月12日、韓国視察団(行政機関)が、JARCに来訪されました。

来訪の目的は、日本の自動車リサイクルシステムの取組・実績についてのヒアリングでした。
JARCは、(一社)日本自動車工業会、(一社)自動車再資源化協力機構と共に韓国視察団の質疑に応えました。

韓国における循環型社会の構築の参考にしていただきました。

2017.05.11

5月11日、JARCの今後の取組が、日刊自動車新聞に掲載されました。

本財団専務理事・宮林克行が取材を受け、JARCの循環型社会に向けた貢献拡大について、日刊自動車新聞に記事が掲載されました。

2017.04.07

4月7日、三重県の協力を得て、自治体担当研修を行いました。

事務局を担う三重県とJARCは、鈴鹿オートリサイクルセンター様の会場にて、自治体担当者21名に研修を行いました。JARCは(一社)自動車再資源化協力機構とともに、自動車リサイクルシステムの利用について説明を行いました。

2017.04.01

こんにちは、『博士』です。

今後、この「博士の日記」コーナーで、JARCの取組内容などを、掲載していきます。
【自己紹介】
氏名:自動車リサイクル博士(通称:「博士」)
性別:不明
誕生日:2002年7月12日(丑年)
身長:エアバッグ 1個分
体重:フロンボンベ 1本分
趣味:掃除とドライブ
特技:瞬間移動と分身の術(気がつけば、あなたのそばに・・・)