ENGLISH

博士の日記

2017.06.29

自動車リサイクルの取組情報が、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。

JARC専務理事・宮林克行が取材を受け、”使用済自動車のリサイクル実行率が車両重量ベースで99%達成”などの自動車リサイクルの取組情報が、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。

2017.06.12

韓国視察団(行政機関)が、JARCに来訪されました。

韓国視察団の来訪の目的は、日本の自動車リサイクルシステムの取組・実績についてのヒアリングでした。
JARCは、(一社)日本自動車工業会、(一社)自動車再資源化協力機構と共に韓国視察団の質疑に応えました。
韓国視察団からは、日本の自動車リサイクルシステムが効率よく安定的に運用されているとの評価を頂きました。

2017.05.11

JARCの今後の取組が、日刊自動車新聞に掲載されました。

本財団専務理事・宮林克行が取材を受け、JARCの循環型社会に向けた貢献拡大について、日刊自動車新聞に記事が掲載されました。

2017.04.07

三重県の協力を得て、自治体担当研修を実施しました。

当日は、三重県・本財団が事務局となり、鈴鹿オートリサイクルセンター様の会場に於いて、自動車再資源化協力機構と本財団職員が説明者となり、21名の参加で研修を行いました。

2017.04.01

こんにちは、『博士』です。

今後、この「博士の日記」コーナーで、本財団の取組み内容等を、掲載していきます。
【自己紹介】
氏名:自動車リサイクル法(通称:「博士」)
性別:不明
誕生日:2002年7月12日(丑年)
身長:エアバッグ 1個分
体重:フロンボンベ 1本分
趣味:掃除とドライブ
特技:瞬間移動と分身の術(気がつけば、あなたのそばに・・・)