受付手続き

二輪車(バイク)リサイクルの受付手続き

1.バイク関連の確認

①対象車両であることの確認
二輪車リサイクルシステムの参加事業者が国内販売したバイクが対象です。
参加事業者が販売するブランドと同一でも、並行輸入車両等、参加事業者以外が販売した車両は対象外です。
持込前に対象車両の事前確認が済んでいない場合は、その場で該当参加事業者の「問合せ先」に電話して確認いただきます。対象外の場合はお持ち帰りいただくことになりますので、持込前に必ず対象車両検索を行ってください。

②廃車手続き完了および所有者情報の確認
廃車手続きが完了していることが引取条件です。廃車申告受付書や返納証明書等をご提示いただき、車両の所有者情報を確認させていただきます(書類は提示のみでお預かりしません)。

2.排出者(持込者)の確認

車両を持ち込まれた方の身分証明証(運転免許証、保険証、他)を確認させていただきます。

3.二輪車リサイクル管理票への記入

管理票は「指定引取場所」または「廃棄二輪車取扱店」に常備していますので、受付時に自筆にて記入(起票)してください。
なお、所有者と排出者が異なる場合は、「所有者より廃棄及び処理再資源化等に関する一切の権限を付与された者」として、所有者との間に問題が生じた場合の全責任を負う旨の誓約(署名)が必要になります。


表紙

約款

記入用紙

記入見本

4.手続きの完了

1.~3.に問題がなければ、二輪車リサイクル管理票の控をお渡し、手続きは完了です。お引受けした車両は参加事業者の責任で適正にリサイクルします。※管理票番号をもとに、適正処理のご確認ができます。