沿革

二輪車リサイクルシステムの沿革

  • 2004年10月 15社で「二輪車リサイクルシステム」スタート。
  • 2005年4月  伊藤忠オートモービル(株)が参加事業者に加わり、全16社に。
  • 2005年10月 参加事業者が出荷する全車に、リサイクルマーク貼付完了。
  • 2011年10月 全車、廃棄時無料引取りを開始。
  • 2012年12月 東日本大震災被災車両を処理。
  • 2014年3月  3Rガイドライン掲載のリサイクル率目標95%を達成。
  • 2015年1月  お問合せ先の二輪車リサイクルコールセンターの電話番号が050-3000-0727へ変更。
  • 2017年3月  成川商会(株)及び伊藤忠オートモービル(株)が脱退。
  • 2017年4月  SPK(株)及びキムコジャパン(株)が参加事業者に加わり、全16社に。
  • 2020年3月 (株)MV AGUSTA JAPAN、Piaggio Group Japan(株)、(株)福田モーター商会、トライアンフモーターサイクルズジャパン(株)、(株)エムズ商会が脱退し、全11社に。
  • 2020年4月  本田技研工業(株)、ヤマハ発動機(株)、スズキ(株)、川崎重工業(株)が国内で販売したリチウムイオンバッテリー搭載電動バイクの引取りを開始。
  • 2020年6月 (株)プレストコーポレーションが脱退し、全10社に。
  • 2020年8月 (株)ブライトが脱退し、全9社に。
  • 2020年12月 SPK(株)が脱退し、全8社に。

廃棄時無料引取りについて

「二輪車リサイクルシステム」の対象車両であれば、全ての車両を、廃棄時に処理費用を徴収することなく再資源化しています。

リサイクルマーク

「二輪車リサイクルシステム」で引取る対象のバイクに、リサイクルマークを貼付しています。

また、販売したメーカー等の区別をするため、3桁の事業者コード(100~260)を表記しています。

※サイズ:ヨコ30mm×タテ30mm