自動車リサイクルの概要

2005年1月から本格稼働した自動車リサイクル制度は、既存の使用済自動車のリサイクル産業の基盤を活かしつつ、自動車ユーザー、自動車メーカー・輸入事業者・引取事業者・解体事業者・破砕事業者などの事業者の役割を明確にし、廃棄物の削減と資源の有効利用を目指した社会システムです。
現在、自動車ユーザーや自動車メーカーなどの自動車の産業界が一体となった取組みに支えられ、使用済自動車のほとんどがリサイクルされています。