ENGLISH

自動車リサイクルの概要

自動車リサイクルシステムは、既存の使用済自動車のリサイクルの産業基盤を活かしつつ、自動車ユーザーを始め、自動車メーカー・輸入業者、引取業者、フロン類回収業者、解体業者、破砕業者の役割を明確にし、廃棄物の削減と資源の有効利用を目指した仕組みです。
自動車リサイクルシステムができる前、資源的価値が高く、有用な金属・部品を含む使用済自動車は、事業者間の売買を通じて流通するなかで、リサイクルが行われていました。1990年代後半、天然資源の枯渇や地球温暖化問題、廃棄物の最終処分場の逼迫から招来への不安が高まるなかで「循環型社会」を構築するための社会的な枠組みの構築が急速に進み、2005年1月から「自動車リサイクルシステム」の運用が始まりました。
現在、自動車ユーザーや自動車メーカー・輸入業者を始め自動車の産業界が一体となった取組に支えられ、進展してきた自動車リサイクルシステムにより、使用済自動車のほとんどがリサイクルされています。