ENGLISH

理事長挨拶

理事長
中村 

自動車ユーザー・関連事業者及び自治体の皆さまを始め、ご関係の皆さま方には、平素より本財団の目的であります “自動車のリサイクル及び適正処理の促進に関する事業”に多大なるご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

本財団は、これまで様々な事業を通して環境に配慮した快適な車社会を目指し、関連する皆様のご協力の下、自動車リサイクルの環境整備に向けて努力し、それなりの成果を挙げてきたと自負しております。

近年持続可能な開発目標(SDGs)が重要な項目として国連で設定されています。当然本財団の活動はSDGsの重要な部分を担うものと認識しております。さらに最近は環境適応車の大量導入、さらには自動運転の試行など自動車に関する概念が大きく変わる可能性が見られます。

今後は、従来の自動車リサイクル制度の枠に留まることなく、新しい自動車に関わる社会システムの変化に対応し、真の循環型社会の実現の一翼を担い、本財団に課せられた社会的使命の自覚のもとに事業の展開を拡大していく所存です。

幸いこれまで公益財団法人として運営の基盤強化が着実に図られてきました。これからも皆さまから信頼される組織運営に努め、また本財団の透明性を高めるべく、国の内外を問わず積極的な情報公開と広報・理解活動を行って参ります。

ご関係の皆さまには、今後とも、本財団に対する一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2018年6月