これまでの成果

使用済自動車のほとんどがリサイクルされています

自動車ユーザーを始めとした自動車リサイクルの関係者が循環型社会の実現に向けた努力と工夫の取り組みにより、使用済自動車のほとんどがリサイクルされています。
シュレッダーダストのリサイクル率が向上し、最終処分量及び1台当たり最終処分量は減少。2018年度の1台あたり最終処分量は4Kgとなりました。

<特定再資源化物品のリサイクル率>

物品名

基準(目標値)

2017年度実績

2018年度実績

シュレッダーダスト

70%/2015年度以降

98.2%

97.6%

エアバッグ類

85%

94%

94%

<シュレッダーダストのリサイクル状況>

2005年度実績

2018年度実績

引き取られた
シュレッダーダスト重量

480,463トン
(2,724,509台分)

589,623トン
(3,191,719台分)

リサイクルした
シュレッダーダスト重量

297,130トン

575,243トン

*認定全部利用施設に投入されたシュレッダーダスト相当重量を含む

不法投棄などは大幅に減少しました

自動車リサイクルシステムの本格稼動により、使用済自動車の不法投棄などの不適切な状態は大幅に減りました。

<不法投棄・不適正保管の状況>

2004年9月末時点

2019年3月末時点

不法投棄(ⅰ)

22,499台

520台

不適正保管(ⅱ)

195,860台

4,457台

合計(ⅰ+ⅱ)

218,359台

4,977台