ENGLISH

自動車を手放すとき

長年、大切に使った自動車を手放すとき、最寄の自動車販売店などの事業者に自動車を持ち込み、所定の手続きを行うことになります。
この手続きで自動車ユーザーは、自動車販売店などの事業者に対して、持ち込んだ自動車を中古車として手放すのか、それとも使用済自動車として手放すのか、といった意思を明確に伝える必要があります。

中古車として手放すとき(売却・下取り)

自動車ユーザーは、自動車販売店などの事業者に中古車を引渡します。
このとき、相手方から車両価値金額+リサイクル料金相当額(※)を受取ります。
※リサイクル料金のうち資金管理料金は除きます。資金管理料金は、最初にリサイクル料金を支払った方の負担になります。

使用済自動車として手放すとき

自動車ユーザーは、自動車販売店などの引取業者(※)に使用済自動車を引渡します。
このとき、未支払い分のリサイクル料金がある場合、その料金を支払います。
そして、引取業者から永久抹消登録に必要な「使用済自動車引取証明書」を受取ります。
※新車販売店、中古車販売店、自動車整備店、解体事業者などが、自治体に引取業の登録を行い、店頭に引取業の標識や登録通知書を掲げています。

使用済自動車引取証明書のイメージ

使用済自動車の処理状況を調べることができます。
使用済自動車の処理状況の確認はこちら

自動車重量税の還付

車検の有効期間が残っている自動車を使用済自動車にする場合、残りの有効期間に応じて自動車重量税の還付を受けることができます。
還付の手続きは、運輸支局などにおいて、永久抹消登録などの手続きと同時に行います。
詳しくは、国税庁のホームページ(使用済自動車に係る自動車重量税の廃車還付制度について)をご覧ください。