ENGLISH

クルマを手放すとき

新たにクルマを購入する時において、既に手放す予定のクルマを保有している場合、そのクルマを中古車として売る(下取り)か、使用済自動車として引取ってもらうかお意思表示を行い、その旨を相手方に明確に伝えることが重要になります。

中古車として売る(下取り)とき

中古車として売る(下取り)場合、リサイクル券を次の所有者に渡すとともに、車両価値金額+リサイクル料金相当額(※)を受取ります。
※リサイクル料金のうち資金管理料金は除く。資金管理料金は、リサイクル料金を最初に支払った方の負担になります。

使用済自動車として手放すとき

使用済自動車として手放す場合、自治体に登録された引取業者(※)に引渡します。
この時、当該使用済自動車にリサイクル料金の未支払い分がある場合、その料金に支払います。そして、引取業者に使用済自動車を引渡したとき、永久抹消登録に必要な「使用済自動車引取証明書」を受取ります。
※新車・中古車販売店、自動車整備店、解体事業者などが引取業の登録を行い、店頭に引取業の標識や登録通知書を掲げています。

使用済自動車引取証明書のイメージ

使用済みにしたあなたのクルマの処理状況を調べることができます。
使用済自動車の処理状況の確認はこちら

自動車重量税の還付

車検の有効期間に応じて自動車重量税の還付を受けることができます。
車検の有効期間が残っている自動車を使用済自動車にする場合、残りの有効期間に応じて自動車重量税の還付を受けることができます。
申請は、運輸支局などにおいて、永久抹消登録などの申請と同時に行います。
詳しくは、国税庁のホームページ(使用済自動車に係る自動車重量税の廃車還付制度について)をご覧ください。