「国内外における自動車リサイクル・資源循環に関する基礎調査報告書」を取りまとめました

お知らせ

 公益財団法人自動車リサイクル促進センター(所在地:東京都港区、代表理事:中村崇)は、国内外における自動車リサイクル・資源循環に関する基礎調査を行い、これを報告書として取りまとめましたのでお知らせいたします。

 現在、SDGsにおいて資源・廃棄物制約や気候変動問題への対応が求められるほか、カーボンニュートラルに伴う自動車の電動化促進や自動車の使い方の変革が進められるなど、自動車リサイクル制度を取り巻く環境は大きく変わろうとしています。
 こうした変化は、JARCが担う自動車リサイクル制度における指定法人業務の円滑な運営にも影響を及ぼす可能性があることから、自動車リサイクルに関連する様々な動向について情報収集・分析を行うこととし、その結果を下記のとおり取りまとめました。

【記】

国内外における自動車リサイクル・資源循環に関連する基礎調査報告書(PDF)

以上


※本件報告書の取りまとめは、専門的な知見を有する有識者が参画する「自動車資源循環情報プラットフォーム(Japan Automobile Resource Circulation Information Platform)」(略称:ARCIP)にて行いました。

問い合わせ先:(公財)自動車リサイクル促進センター 事業開発推進室