ENGLISH

個人情報に関する請求等の手続き

「個人情報保護に関する基本方針」の「5.開示・訂正・利用の停止」に定める、本財団が取得した個人情報についてご本人が開示・訂正・利用の停止などを求められるときは下記の手続きによってご請求ください。ただし、自動車リサイクル法に基づき、自動車リサイクルシステムの各種約款において別の規定がある場合には、当該約款に従ってご請求ください。

1.ご請求内容について

本財団が保有する個人情報に対して、ご本人が請求できる内容・方法は以下のとおりです。

  1. 本財団が保有するご自身の個人情報の利用目的をお知りになりたい場合は「個人情報の利用目的通知請求」
  2. 本財団が保有するご自身の個人情報の内容をお知りになりたい場合は「個人情報の開示請求」
  3. 本財団が保有するご自身の個人情報の内容に誤りがあり、事実と異なる場合は「個人情報の訂正・追加・削除(以下「訂正等」といいます。)請求」
  4. 本財団が保有するご自身の個人情報が、ご本人の同意なく目的外に利用されている、不正に取得された、ご本人の同意なく第三者へ提供されている場合には「個人情報の利用停止又は消去請求」

2.ご請求ができる方

ご本人によるご請求が原則です。ただし、「未成年者又は成年被後見人の法定代理人」及び「開示等の求めをすることについてご本人が委任した代理人(以下「任意代理人」といいます。)」は、ご本人に代わって個人情報の開示等の請求ができます。

3.ご請求の具体的方法

本財団が保有する個人情報に対するご請求の方法は以下のとおりです。

  1. ご請求の内容に応じ、「個人情報の利用目的通知請求」「個人情報の開示請求」「個人情報の訂正等請求」「個人情報の利用停止又は消去請求」の書類をダウンロードして、必要事項をご記入ください。
  2. ご本人又は代理人の確認のため、(1)の他に以下の書類をご提出いただきます。
    1. ご本人が本財団に来訪され、請求される場合は次の原本をご提示ください。そのとき、本財団に提出できないものについては写しを取らせて頂きます。
      • ご本人の身分証明書(運転免許証・パスポート・健康保険被保険者証・外国人登録証明書)
    2. 代理人が本財団に来訪され、請求される場合は次の原本をご提示ください。そのとき、本財団に提出できないものについては写しを取らせて頂きます。
      • 代理人ご自身の身分証明書(運転免許証・パスポート・健康保険被保険者証・外国人録証明書)
      • 代理人資格を証する書類(法定代理人の場合は戸籍謄本又は登記事項証明書。任意代理人の場合は委任状及びご本人の印鑑登録証明書)
    3. ご本人が郵送にて請求される場合には、次の何れかの書類により現住所及び氏名を明らかにして、ご請求窓口へご送付ください。
      • 運転免許証の写し(住所等が変更されている場合は裏面も)
      • パスポートの写し(写真及び住所・氏名)
      • 健康保険被保険者証の写し(現住所が記載されているもの)
      • 外国人登録証明書
    4. 代理人が郵送にて請求される場合には、代理人ご本人の上記 C.に記載する書類の他、上記 B.の代理人資格を証する書類をご送付ください。

4.回答書の受領の方法

ご請求されたご本人又は代理人が本財団に来訪され、回答書(「個人情報の利用目的の通知の書類」又は「個人情報の開示の書類」)を受領される場合には、受領される方の身分証明書の原本をご提示いただき、受領印を頂戴してお渡しします。

郵送をご希望の場合には、ご本人からのご請求のときはご本人のご住所、代理人からのご請求のときは代理人のご住所に回答書をご郵送いたします。

5.手数料

  1. 個人情報保護に関する基本方針に定める、当該処理に係る手数料としていただく場合のある実費相当額とは次をいいます。
    ご請求の内容 手数料 郵送料
    個人情報の利用目的通知請求 500円 本財団が負担いたします
    個人情報の開示請求
    個人情報の訂正等請求 無料
    個人情報の利用停止又は消去請求
  2. 「個人情報の利用目的通知請求」または「個人情報の開示請求」をされる場合は
    1. ご本人又は代理人が本財団に来訪されて請求されるとき
      請求されるときに現金にてお支払いください。
    2. ご本人又は代理人が郵送にて請求されるとき
      請求されるときに、500円の定額小為替を同封ください。
      定額小為替が同封されていない場合及び金額が500円未満である場合には請求の受付けができませんのでご注意ください。
  3. 手数料の返却
    次の場合には手数料を返却します。返却の方法は定額小為替をご本人又は代理人のご住所あて送付いたします。
    1. 「個人情報の利用目的通知請求」「個人情報の開示請求」で通知・開示をしない決定をした場合は送付された手数料金額
    2. 送付いただいた定額小為替の金額が500円を下回っていた場合には送付された金額、金額が500円を上回っていた場合には500円を上回る金額

6.ご請求に対する対応

本財団が保有する個人情報に対するご請求に対しては以下のように対応いたします。

  1. 「個人情報利用目的通知請求」
    1. 個人情報の利用目的の通知請求をいただいた場合は、本財団は、遅滞なく、通知の可否を決定し、通知する場合はその旨、下記 B.の理由により通知しない場合はその旨をお知らせいたします。
      お知らせは郵送にて行い、通知する場合は、回答書を本財団にて受領される方には受領可能となる日時、郵送にて受領される方には発送の予定日をご連絡いたします。
    2. 下記に該当する場合は通知しないことがあります。
      • 他の方法により利用目的が明らかである場合
      • 利用目的をご本人に通知し、又は公表することにより、ご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
      • 利用目的をご本人に通知し、又は公表することにより本財団の権利又は正当な利益が侵害されるおそれがある場合
      • 国の機関等が法令の定める事務を実施する上で、本財団が協力をする必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知し、又は公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
      • 財団がご本人に関する保有個人データを保有していない場合
      • 「個人情報の利用目的の通知請求」の書類に通知請求の対象となる個人情報の種類、範囲が特定されていない場合
      • 「個人情報の利用目的の通知請求」の書類に必要事項が記入されていない場合
      • ご本人又は代理人資格を証する書類に不備があり、ご本人または代理人資格があることの確認ができない場合
  2. 「個人情報の開示請求」
    1. 個人情報の開示請求をいただいた場合には、本財団は遅滞なく、個人情報を開示するか否かを決定し、開示する場合はその旨、下記 B.の理由により開示しない場合はその旨をお知らせいたします。
      ただし、事務処理上困難であるとき、その他正当な理由のあるときは、開示するか否かの決定に時間を要する場合があります。また、開示の対象は個人情報の保護に関する法律第2条第5項に定める「保有個人データ」といたします。
    2. 下記に該当する場合は通知しないことがあります。
      • 本財団の業務の適正な実施に著しい支障をおよぼすおそれがある場合
      • 他の法令等に違反することとなる場合
      • 本財団がご本人に関する保有個人データを保有していない場合
      • 「個人情報の開示請求」の書類に開示請求の対象となる個人情報の種類、範囲が特定されていない場合
      • 「個人情報の開示請求」の書類に必要事項が記入されていない場合
      • ご本人又は代理人資格を証する書類に不備があり、ご本人または代理人資格があることの確認ができない場合
  3. 「個人情報の訂正等請求」 個人情報の訂正、追加、削除の請求をいただいた場合には、本財団は業務運営上必要な範囲で、正確な内容への訂正、追加、削除を行います。
    訂正等を行った場合はその内容を、訂正等を行わない場合はその理由を郵送にてお知らせいたします。
  4. 「個人情報の利用停止又は消去請求」 手続違反を理由として個人情報の利用の停止、消去の請求をいただいた場合は、本財団は事態の調査を行い、違反の事実が確認されたときは、必要な範囲内で利用の停止又は消去を行います。
    利用の停止、消去を行った場合はその旨を、行わない場合はその理由を郵送にてお知らせいたします。

7.ご請求窓口

本財団の個人情報のお取扱いに関するご質問・苦情及びこのご請求については、下記までお問合せください。

〒105-0012
東京都港区芝大門1-1-30 日本自動車会館11階
公益財団法人 自動車リサイクル促進センター 事務統括部
電話:03 (5733) 8300

受付可能な日

土・日・祝日・12月29~31日・1月2~3日を除く毎日

受付時間

9:00 - 17:00

これらのPDFファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償で配布されています。
Adobe Readerのダウンロードはこちら。