発行体とのエンゲージメント

独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構

JARCは、リサイクル料金の運用において、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(以下、JRTT)が発行するサステナビリティボンドに投資をしております。これまでの投資実績は合計7億円となっております。同じ運輸部門を担う公益性が高い組織として、JRTTとエンゲージメントを実施しております。

現地視察

みずほ証券 CAPITAL MARKET LETTER(2020年8月28日)はこちら

独立行政法人国際協力機構

JARCは、リサイクル料金の運用において、独立行政法人国際協力機構(以下、JICA)が発行するJICA債(ソーシャルボンド)に投資をしております。これまでの投資実績は合計14億円となっております。
発行体とのエンゲージメント(建設的な対話)の一環として、JICAが主催して実施される現地視察にJARCの職員が参加しております。

現地視察

ラオスODA現地視察レポート(2020年1月)はこちら