ENGLISH

自動車メーカー等の役割

自動車メーカー等は3品目の引取りとリサイクル・処理の役割を担う

拡大生産者責任の考え方に基づき、使用済自動車のリサイクル・処理において最大の阻害要因となっているシュレッダーダスト、また新たな課題であるフロン類、エアバッグ類の引取りとリサイクル・処理を自動車メーカー等に義務付けることにより、解体業者と破砕業者の負担を軽減します。

埋立処分量の極小化

埋立処分場の逼迫に対応し、シュレッダーダストのリサイクル率の向上が自動車メーカー等の役割となっています。
自動車メーカー等は、シュレッダーダストをリサイクルすることにより、使用済自動車のリサイクル率を2015年までに95%まで向上させる目標が設定されています。 この目標を達成するためには、排出されるシュレッダーダストの70%以上をリサイクルする必要があり、それにより、埋立処分量の極小化が図れることになります。