ENGLISH

博士の日記

2018.11.10

「ゆるキャラグランプリ2018」 への出場の結果、企業・その他ゆるキャラ部門で156位(403件)、2,383票を獲得しました。

応援いただいた皆さん、本当にありがとうございました。 これからも、多くの方々に知ってもらえるように活動していきます。引き続き、自動車リサイクル博士をご支援を、よろしくお願いします。

*「ゆるキャラ®グランプリ」のウェブページはこちら

*「ゆるキャラグランプリ2018」の投票は、11月9日(金)18時をもって終了

2018.11.04

11月4日、松江市で開催された「2018松江市環境フェスティバル」に出展しました。

「松江市環境フェスティバル」は、「みんなで創る環境社会」をテーマに、環境に関心の高い市民、NPO、事業者、行政などが参加し交流を通じて、環境問題について楽しみながら学べる場が提供され、多くの来場者で賑わいました。私たちのブースでは、循環型社会に向けた自動車リサイクルの関係者による工夫や努力などの取組について情報発信を行い、また、自動車やペットボトルのキャップなどから再生したプラスティックを使ったマラカス作りの場を提供するなど、多くの来場者の方々に関心を持っていただきました。

2018.09.30

9月30日、小学生記者による自動車製造工場を取材した様子が小学生新聞に掲載されました。(第5回目:最終回)

自動車リサイクルをテーマに、環境保全と、資源を無駄にしない循環型社会について考える5回シリーズの最終回として、自動車メーカーによる自動車リサイクルや環境保全への取組を学ぶため、小学生記者が自動車製造工場を取材した様子が掲載されました。取材にあたって、神奈川県横須賀市にある日産自動車(株)追浜工場様にご協力をいただきました。(記事のPDF版はこちら

2018.09.15

9月15日、名古屋市で開催された「環境デーなごや2018 中央行事」に出展しました。

名古屋市で開催された「環境デーなごや2018」は、市民・事業者・行政の協働により、ごみの減量・分別・リサイクルに取り組んできた歩みを振り返るとともに、改めて持続可能な未来へ向けて、一人ひとりが身近なエコ活動に取り組んでいただけるよう、分野や主体、世代を超えて交流することで、環境について学び合える場として、大変賑わいました。会場では、自動車リサイクルの関係者による循環型社会に向けた自動車リサイクルの工夫や努力などの取組について情報発信を行い、多くの来場者の方々に関心を持っていただきました。

2018.09.14

9月14日、小学生記者による自動車販売店を取材した様子が小学生新聞に掲載されました。(第4回目)

自動車リサイクルをテーマに、環境保全と、資源を無駄にしない循環型社会について考える5回シリーズの4回目として、自動車リサイクルの発展に向けた自動車販売事業者の取組を学ぶため、小学生記者が自動車販売店を取材した様子が掲載されました。 取材にあたって、東京都港区にある東京トヨペット(株)様にご協力をいただきました。(記事のPDF版はこちら

2018.09.03

9月2日、仙台市で開催された「エコフェスタ2018」に出展しました。

仙台市で開催された「エコフェスタ2018」は、楽しみながら3Rやエコライフについて学べる環境イベントとして、エコに関する謎解きラリー、ステージイベント、リサイクル品を利用した小物作り、デポジット体験などが行われ、大変賑わいました。会場では、自動車リサイクルの関係者による循環型社会に向けた自動車リサイクルの工夫や努力などの取組について情報発信を行い、多くの来場者の方々に関心を持っていただきました。

2018.09.02

9月1日から2日の2日間、秋田市で開催された「第18回あきたエコ&リサイクルフェスティバル」に出展しました。

「あきたエコ&リサイクルフェスティバル」は、子供から大人までが楽しみながら環境保全の大切さを認識することができるように各種展示や体験コーナーを設けるほか、様々なステージイベントが行われ、多くの来場者で賑わいました。私たちのブースでは循環型社会に向けた関係者の取組や成果を紹介すると共に、実際にリサイクル工程で回収された金属などを展示し、多くの来場者の方々に関心を持っていただきました。

2018.08.26

8月25日から26日の2日間、金沢市で開催された「いしかわ環境フェア2018」に出展しました。

「いしかわ環境フェア」は、環境保全の情報交換の場として、また、環境に関する様々な展示や体験を通じて、一人ひとりが楽しみながら人と環境の関わりについて理解を深め、環境にやさしいくらしについて考え、実践の契機としていく場として大変賑わいました。会場では、自動車リサイクルの関係者による循環型社会に向けた自動車リサイクルの工夫や努力などの取組について情報発信を行い、多くの来場者の方々に関心を持っていただきました。

2018.08.25

8月25日、松山市で開催された「環境都市まつやま環境フェア」に出展しました。

「環境都市まつやま環境フェア」は、未来の松山市を担う子どもたちに体験やイベントを通じて、環境に関心や興味を持っていただく場として大変賑わいました。会場では、自動車リサイクルの関係者による循環型社会に向けた自動車リサイクルの工夫や努力などの取組について情報発信を行い、多くの来場者の方々に関心を持っていただきました。

 

 

2018.08.21

8月21日、自動車リサイクルの最前線を小学生の視点で学んでいただくため、日産自動車(株)追浜工場様(神奈川県横須賀市)の協力を得て、自動車製造工場の見学会を開きました。

この見学の結果は、毎日小学生新聞に掲載される予定です。

2018.08.08

8月8日、自動車リサイクルの最前線を小学生の視点で学んでいただくため、東京トヨペット株式会社様(東京都港区)の協力を得て、自動車販売店の見学会を開きました。

この見学の結果は、毎日小学生新聞に掲載される予定です。

2018.08.08

8月8日、小学生記者による自動車リサイクル工場を取材した様子が小学生新聞に掲載されました。(第3回目)

自動車リサイクルをテーマに、環境保全と、資源を無駄にしない循環型社会について考える5回シリーズの3回目として、自動車リサイクルの発展に向けた破砕事業者の取組を学ぶため、小学生記者が自動車リサイクル工場を取材した様子が掲載されました。 取材にあたって、大分県大分市にある大山商事(株)様にご協力をいただきました。(記事のPDF版はこちら

博士の日記

2018.08.01

博士、「ゆるキャラグランプリ2018」に初出場!(投票期間:2018年8月1日~11月9日)

自動車リサイクル博士への投票はこちら

ゆるキャラ®グランプリに出場しました。応援をよろしくお願いします。
 ※詳しい投票方法は、ゆるキャラグランプリオフィシャルウエブサイトをご参照ください。(ウェブサイトはこちら

2018.07.30

7月30日、大分県にて自治体向け被災自動車への対応に関した研修を開催しました。

研修には県内の市町村担当者30名が出席され、南海トラフ巨大地震による津波被害を想定した被災自動車への対応に関した調査体制の構築や仮置き場の確保等の演習を行いました。

2018.07.30

7月28日から29日の2日間、長野市で開催された「体験と学びの環境博-信州環境フェア」に出展しました。

“体験と学びの環境博-信州環境フェア”は、「環境」だけに留まらず、「SDGs(持続可能な開発目標)」の観点での各種取組の紹介も加わり、来場者に対して、現状の理解と今後何をすべきかを考えてもらえる場として大変賑わいました。会場では、自動車リサイクルの関係者による循環型社会に向けた自動車リサイクルの工夫や努力などの取組について情報発信を行い、多くの来場者の方々に関心を持っていただきました。

2018.07.26

7月26日、小学生記者による自動車リサイクル工場を取材した様子が小学生新聞に掲載されました。(第2回目)

自動車リサイクルをテーマに、環境保全と、資源を無駄にしない循環型社会について考える5回シリーズの2回目として、自動車リサイクルの発展に向けた解体事業者の取組を学ぶため、小学生記者が自動車リサイクル工場を取材した様子が掲載されました。 取材にあたって、大分県大分市にある大山商事(株)様にご協力をいただきました。(記事のPDF版はこちら

2018.06.30

6月30日、自動車リサイクルの最前線を小学生の視点で学んでいただくため、大山商事株式会社様(大分県大分市)の協力を得て、自動車リサイクル工場の見学会を開きました。

この見学の結果は、毎日小学生新聞に掲載される予定です。

2018.06.29

6月29日、仙台市にて第9回目(全9回)の自治体向け自動車リサイクル関連基礎知識研修を開催しました。

研修は環境省、経済産業省、並びに(一社)自動車再資源化協力機構とともに行い、36名の自治体担当者が出席されました。

2018.06.28

6月28日、札幌市にて第8回目(全9回)の自治体向け自動車リサイクル関連基礎知識研修を開催しました。

研修は環境省、経済産業省、並びに(一社)自動車再資源化協力機構とともに行い、25名の自治体担当者が出席されました。

2018.06.25

6月23日から24日の2日間、札幌市で開催された「環境広場さっぽろ2018」に出展しました。

北日本最大級の総合環境イベントとされる”環境広場さっぽろ2018″は、北海道内外の様々な企業や団体の最新の環境技術や取り組みなどを学び体験できる場として大変賑わいました。会場では、自動車リサイクルの関係者による循環型社会に向けた自動車リサイクルの工夫や努力などの取組について情報発信を行い、多くの来場者の方々に関心を持っていただきました。

1 / 212