ENGLISH

博士の日記

2019.02.18

2月18日、週刊東洋経済にJARC理事長中村崇のインタビュー記事が掲載されました。

記事のタイトルは、”循環型社会の実現に貢献する自動車リサイクル制度の仕組み” です。 記事の詳細は、こちら (提供:株式会社東洋経済新報社)

2019.02.14

2月14日、『自動車リサイクル みんなの力を合わせて循環型社会を実現』PR動画を公開しました。

この星で生きる未来の人々のために、自動車を作る人、使う人、リサイクルする人など、みんなの力を合せて、循環型社会の実現に向けてリサイクルを進めていくことは、とても重要なことです。未来のことを考えるきっかけとしていただくために、出演の春菜メロディーさんが100年後を生きるあなたへの思いを「手紙」で表現する内容となっています。映像はこちら(80秒映像)

2019.01.22

1月22日、環境省主催の「災害廃棄物対策に関するシンポジウム」で講演を行いました。

シンポジウムは、過去に発生した大規模災害の実例を検証しながら、国、自治体、民間事業者のそれぞれの役割を再認識し、密に連携した体制を構築することを目的として、平成27年度に災害廃棄物処理支援ネットワーク(D.Waste-Net)発足を記念して開催されてから、毎年開催されています。 JARCの講演テーマは、「大規模災害における被災自動車の処理に係る自治体支援」です。 シンポジウムの詳細はこちら (環境省のウェブページ)。  

2019.01.18

1月18日、大阪市の”おおさかATCグリーンエコプラザ”に自動車リサイクルに関する情報発信の拠点としての常設展示ブースを開設しました。

おおさかATCグリーンエコプラザとは : http://www.ecoplaza.gr.jp/ 展示ブースでは、循環型社会に向けた自動車リサイクル関係者の取組や成果をパネルで紹介すると共に、学校教育の場で自動車リサイクルを学んだ小学生が自動車リサイクルについて伝えたいメッセージをポスターや標語にした作品を展示し、子どもから大人まで幅広く楽しめる場を用意しました。

2018.12.09

12月8日から9日の2日間、京都市で開催された「京都環境フェスティバル2018」に出展しました。

「京都環境フェスティバル2018」は、「次世代につながる持続可能な社会を構築するため、自然の恵みを意識し、各家庭における日々の暮らしを見直すきっかけとする」をメインコンセプトに、環境に関心の高い市民、NPO、事業者、行政などが参加し、交流を通じて環境問題について楽しみながら学べる場が提供され、多くの来場者で賑わいました。私たちのブースでは、循環型社会に向けた自動車リサイクルの関係者による工夫や努力などの取組について情報発信を行い、多くの来場者の方々に関心を持っていただきました。

2018.12.08

12月6日から8日の3日間、東京都江東区で開催された「エコプロ2018」に出展しました。

循環型社会に向けたリサイクルの取り組みをわかり易く描いたオリジナル紙芝居は、臨場感たっぷりの演出で子供から大人の方まで一緒になって楽しんでいただきました。 また、クルマ由来の再生ペレットを使ったマラカス作りも大盛況で、みんなの笑顔でにぎわったに3日間でした。自動車リサイクル博士も来場者の方々と楽しく交流ができました。 JARCブースの情景は共同通信社のウェブサイトで紹介されています。ウェブサイトは こちら 。  

2018.12.03

第1回作品コンクールの受賞作品や第2回作品コンクールの実施概要ポスターを日本自動車会館1階フロアで展示しています。

展示期間は12月3日(月)から21日(金)までです。 *第2回「クルマのリサイクル」作品コンクールの概要はこちら

2018.11.28

11月28日、北九州市にて第4回目(全4回)の自治体向け自動車リサイクル関連ステップアップ現場研修を、経済産業省、環境省、(一社)自動車再資源化協力機構とともに行いました。

研修には、20名の自治体担当者が出席されました。

2018.11.26

11月26日、名古屋市にて第3回目(全3回)の自治体向け大規模災害時における被災自動車対応研修を、愛知県とともに行いました。

研修には、63名の自治体担当者が出席されました。

2018.11.22

11月22日、名古屋市にて第3回目(全4回)の自治体向け自動車リサイクル関連ステップアップ現場研修を、経済産業省、環境省、(一社)自動車再資源化協力機構とともに行いました。

研修には、37名の自治体担当者が出席されました。

1 / 51235